<< 雑記 | main | 【さくら色clover】(24) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
また来年☆(小話あり)
今年も間もなく終わりです。



なのはさんとフェイトさんのお話。


----------------------------



「くしゅんっ」

 静かなオフィスに響いた音に、デスクワークをしていた人の動きが一瞬止まる。
 ちらりと顔を上げて音がした方向を見る人がいれば、何事もなかったように仕事を再開する人もいる。

「くしゅ」

 今度は先程より控えめな音。
 だけど、くしゃみをしたのは同じ人で、数人の視線がその人物の方へと向けられる。
 その視線に耐えられなかったのか、くしゃみをした張本人――なのはは席から立ち上がり、休憩がてら部屋から出た。
 風邪でもひいたかなぁ。なのははぼのやりとそんなことを考えながら、休憩スペースへと向かう。
 その途中、再びむずむず感が彼女の鼻を襲い、なのはは3回目のくしゃみをした。



   〜変わらない優しさ〜



「あれ、なのは。どうしたの? 風邪?」

 帰宅したフェイトはマスクをしているなのはを見て、心配そうな表情を浮かべた。

「なんか、くしゃみだけ止まらなくて……」
「熱は? 頭痛いとかない?」
「それは大丈夫。本当にくしゃみだけなの」

 予防の意味もあるから。
 なのははフェイトを安心させるためには微笑んだのだけれど、フェイトの心配そうな顔は変わらない。

「ちゃんと熱測った?」

 額に伸びてくる手。
 自分で確認しないと落ち着かないのかもしれない。

「……もう。フェイトちゃん、心配しすぎ」

 なのはは相変わらずのフェイトの心配症に苦笑しながらも、伸びてくる手を避けることなく彼女のしたいようにさせる。

「本当に熱はないみたいだね」
「えぇー!? 疑ってたの?」
「なのはの大丈夫は信用できないから」
「ひどいなぁー」

 口では文句を言っているけれど、マスクで隠されているなのはの頬は緩んでいた。
 重病でなくても、真剣に。不安そうな顔で心配してくれる。
 フェイトの性格から、それは自分だけに向けられる優しさではないことをなのはは知っているけれど、それでも嬉しいことに変わりはない。

「風邪のひき始めかもしれないから、今日は早く休もう?」
「はーい、わかりましたー」

 なのははわざと幼い口調で返事をすると、リビングに向かって歩き出したフェイトの手を握った。
 突然のなのはの行動にフェイトは驚いたような顔をしたけれど、握られた手を離すことなくそのまま歩き続ける。
 幼い頃、繋いだ手は今でもずっと繋いだまま。離れることは――きっとない。








----------------------------
「なんでママたちは家の中でも恋人繋ぎして歩いてるの?」(リビングでテレビを見ていたヴィヴィオさんの本音

きっとなのはさんは寒暖差アレルギーだったんだよ←

なんとか年内更新間に合いました!!!!

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

| 小ネタ | 23:25 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:25 | - | - | pookmark |
コメント
コメントありがとうございます。
鬱系もお好きということで、個人的に嬉しいです!がんばります!
細々と更新していきますのでよろしくお願いします。

| お返事@ゆぃな | 2013/02/26 7:26 PM |
初めまして、以前から読ませていただいてました
文章がなんだか柔らかい感じがしてとても好きです、それと自分が鬱系の話とかがすごく好きなのでとにかく好きなんです!!(日本語おかしい
密かに更新待ってます!
| アアアアー | 2013/02/07 12:44 PM |
コメントする







SELECTED ENTRIES

web拍手

ご感想・ご意見・誤字脱字報告など
何かございましたらこちらから。


CATEGORIES

RECENT COMMENT

Link

Links2

counter

カウンター

MOBILE

qrcode

PROFILE

☆当ブログはリンクフリーです。

SEARCH

SPONSORED LINKS

RECOMMEND